• Facebook
  • twitter
  • rss

未来が見つかるカルチャーメディア

COTAS

未来が見つかるカルチャーメディア

menu

    • ABOUT COTAS
    • MEMBERS
    • CONTACT
    • SHARE TO

New Conception of Music 第1回 tofubeats【後編】

誠実に音楽に取り組み続ける

——サブスクリプション型サービスの話が続きましたが、トーフさん的に今後どこで売上を伸ばそうといった、収益モデルなど意識されていますか?

トーフ:いやー、収益モデルといっても斜陽産業ですからね。だから、音楽で食べられていてありがたいとは思っています。大学生の頃、バイトで商業曲のリミックスとかしてましたけど、それで食べていけると思ってなかったんで。メジャー行って生活出来ていますけど、日々どうなるのかなって感じです、ホントに。

働いていて思うのは、音楽産業の求心力が下がっているし、そもそもサブスクリプション型とかで 1曲ごとにお金を払うって倫理自体を業界の人がパスしちゃったんで、そういう意味では大きいチャンスとかないと思うんですよね。ただ、その反面しっかりとやっていれば食べていくことは出来るんだな、ということはやって分かりました。なので、誠実にやることぐらいしか出来ることはないですかね。

大きい山を当てて、どうのこうのみたいなのは音楽の仕事じゃなくてアイドルの仕事だと思うんです。アリーナツアーとか取材とかテレビとか、あれは音楽をやってるようで音楽の仕事ではないんだと思いますね。逆に言えば、音楽の仕事をやっている限り、いきなりエスカレーションすることはないと思います。そこはしっかり作って売っていくっていうのが一義にありつつ、それが立ちゆかなくなったらちゃんとすぐ退出するっていう、そういうスタンスは必要かなと思ったりしますね。

——その「誠実に」というのは例えばどういうことなんでしょうか?購入してもらったりとかライブに来てもらったりとかあると思いますが。

トーフ:やはりプロダクトを作って売っている人間なので、良いものを作ってお金を貰うみたいなのが出来たら自分たち的にも気分が良いですね。別に広告のお仕事とか色々あるんでしょうけど、CDを買って頂けるっていうのが僕は一番うれしいですかね。

——「CDを買って頂く」というのはやはりデジタルではなく、フィジカル(実物の販売形態)なんでしょうか?

トーフ:デジタルでも同様に、作品に対してお金を払ってもらうってのは嬉しいですね。

——CDのお話に関連すると、トーフさんのフィジカルリリースってカセットやソノシートが付いているものがあるなど、物質性を強く意識させるようなつくりになってますよね。

トーフ:そうですね、物質になる以上はこだわりたいというのがありますね。僕、音源はデジタルでもフィジカルでも買うんです。なので、データで売るんだったら、データに適したやり方があると思っていて、僕の場合は価格を下げたりだとかだと思います。今回も『POSITIVE』はデータだと1,600円なんですよ。ただフィジカルで買うと3,800円なんです。ただDVDが付いているとか。CDで買う人にはそういうのが必要で、データで買う人には価格の優位性が必要だと思います。色んな人に楽しんでもらうにはそれぞれのベクトルを分ける必要があるっていう。それも一種マーケティングなのかもしれないですけど。

——価格に見合った価値を提供する上でどういうパッケージングが良いか検討されていると。

トーフ:そうですね、あとそういうパッケージングを求める人にはどういう仕様で売ってあげたら面白いかなとかは考えますね。

——それはリスナーとしての経験が活きているのでしょうか?

トーフ:普通にそうだと思います、今でもリスナーですし。人と感覚違うかもしれないですけど、こういうのが嬉しいなっていうのは考えますね。そこは色んな会社の人と相談しつつなんですけど、いい落とし所にできたらなって毎回思っていますね。

——コアではない、普通のリスナーがどう音楽を聴いているか気になりますか?

トーフ:お金をあまり使わないんだろうなって思いますね。そこら辺の事情もわからないんで、もう聞けることもないんですよね、遠すぎて。

——それこそCD買わないのが当たり前になりつつありますもんね。

トーフ:YouTubeで曲を聴いてオーディション行っちゃう訳ですもんね、今の女の子とか。

——それで事足りちゃうというのは衝撃ですよね……。

トーフ:でも、最初からYouTubeがあったら足りるのかなぁと思ったりもしますし。咎めることは出来ないなとは思いますね。だけど、そこから好きになる人が数%でも出てきたら良いなって思いますね。

——誠実に音楽をやり続けて、好きになってもらった人から対価が頂ければと。

トーフ:そうですね。それに加えて、YouTubeだけ観てる人にも何となく「良いなぁ」って思ってもらえれば良いですし。

——徐々に熱を広げていくというか、「そういうふうに出来たら良いなぁ」というところでしょうか。

トーフ:「出来たら良いなぁ」というか、「出来るのかなぁ」みたいな。だから試しているって感じですね。「征服してやろう」というよりかは、「出来たら面白いけど、やってみないと試せないんでどうですか?」って感じで取り組んでます。

インタビュー001

SNSでは過程を見せていく

——トーフさんは以前からTwitterとかSoundCloudとか、先ほどおっしゃったInstagramなどSNSで発信されていますけど、(前編参照)こういうSNSでの発信に関して何か意識されていることはありますか?

トーフ:特にはないですけど、ブログの時代と一緒で頻繁に、1日1回は更新するとかはありますね。でもそれぐらいです。

——運用というよりかは、割と自然に利用するという感じでしょうか。

トーフ:そうですね、だってTwitterとか何年ぐらい使ってるかな。2007年末か2008年頭から始めているんで、もう丸7年とかめちゃくちゃですよね(笑)。ここまで続くとは思ってなかったです。昔はノキアの携帯にjava入れて動かしてました。

——今の話と少し矛盾するかもしれないんですが、若干マーケティングっぽい話で、例えばSoundCloudとかTwitterとか何回アクセスされたとか何回リンクを踏んだとか見れるじゃないですか。ああいう指標って意識されたりしますか?

トーフ:SoundCloudに関しては統計を定期的にチェックしてますね。海外/日本国内のアクセスの割合とか、あとは告知してからの速度ですね。それはもちろんマーケティングとしてチェックしています。

——それが、製作やリリースに反映されるのでしょうか?

トーフ:告知のタイミングや、告知方法に関しては、多少フィードバックはあります。

——そういう改善の結果、Instagramで短い動画作って告知するといったアクションに移されると。

トーフ:そうですね、逆に今だったら動画をあげるときはInstagramにアップしてTwitterに紐付けるんじゃなくて、InstagramとTwitter、別々にアップしたりとかしますね。Twitterは直接動画が再生されるんで。ああいう仕様をもちろん意識しています。あとは、さっきも言いましたけど、過程を見せていくっていうか。言ったら、キャリアの中でもアルバムが出ることも過程じゃないですか。やっぱりそういうのを見せていって、「面白いな」と思っていただけたら、ありがたいなという感じですかね。

(次ページ 改めて、制作の話。)